• トップ
  • » あおトピ
  • 2016年12月22日(木)

[あおトピ]青森愛がすごいご当地スタンプ!/消しゴムハンコ作家タソガレチューさんに注目

「三ノ月舎」に並ぶタソガレチューさんのスタンプ。青森ならではのモチーフがずらり
「三ノ月舎」に並ぶタソガレチューさんのスタンプ。青森ならではのモチーフがずらり
一番人気の「岩木山」。大きい方の上が「青森から」、下左が「弘前から」、下右が「五所川原から」の原版。これを基に商品のスタンプ(左上3つ)を作る。完全手作業のため、とても手間がかかるそう
一番人気の「岩木山」。大きい方の上が「青森から」、下左が「弘前から」、下右が「五所川原から」の原版。これを基に商品のスタンプ(左上3つ)を作る。完全手作業のため、とても手間がかかるそう
取材中、新作の「南部せんべい」を作ってくれたタソガレさん。1時間ほどであっという間に完成。ゴマが細かい
取材中、新作の「南部せんべい」を作ってくれたタソガレさん。1時間ほどであっという間に完成。ゴマが細かい
トリシリーズから、タソガレさんちのセキセイインコ。この表情…(笑)
トリシリーズから、タソガレさんちのセキセイインコ。この表情…(笑)
岩木山の原版をスタンプしたTシャツを着るタソガレさん。商品化してほしい!
岩木山の原版をスタンプしたTシャツを着るタソガレさん。商品化してほしい!

 「ホタテ」「アイラブ青森」「遮光器土偶」…。作風や題材選びが個性的でちょっと気になるご当地スタンプを作っている五所川原市在住の消しゴムハンコ作家、tasogaretyu-(タソガレチュー)さん(以下タソガレさん)のスタンプがアツい! 青森市の青森駅ビルラビナ2階の雑貨店「三ノ月舎」でしか取り扱っていないレア商品ながら、約3年前の発売以来、販売数が右肩上がりでリピーターも増加しているとか。青森の消しゴムハンコ作家といえばナンシー関が真っ先に思い浮かぶが、タソガレさんも負けじとファンを拡大中なのだ。

 スタンプは手のひらサイズで1個500~600円ほど。30種類以上の中でも一番人気のロングセラーが「岩木山」で、しかも①五所川原から②弘前から③青森から─と3方向から見た形がある!

 そう、岩木山といえば津軽人の「心の山」。うちから見える形が一番! と譲らない人も数知れず。そんな地元愛をわしづかみにするマニアックな発想に加え、少ない線で特徴を描き分ける腕前もナカナカのもの。一体、どんな人なのか。

 待ち合わせの喫茶店にあらわれたのは、おしゃれなチェックシャツに帽子姿のおっとりとした…男性! タソガレさん、普段は建設関係の営業をしている普通の会社員(40歳)。絵を描くのが好きで漫画家を夢見た時期もあるが、習ったことはなく、全くの独学・自己流なのだという。

 消しゴムハンコを始めたのは7、8年ほど前。こぎん刺し作家の奥さんが出品したクラフト展で他作家の作品を目にしたのがきっかけという。当初は動物やカメラ、楽器などをモチーフにしていたが「今までにない、青森らしいものを作りたくて、最初に彫ったのが五所川原の岩木山でした」。

 ただ時々、お客さんに富士山と間違われることもあったため、他地域からの岩木山も作ってみようと2つを追加。「やっぱり自分のところから見た形が最高っていう人は多いですから。五所川原だけでなく、3つそろってやっと岩木山になったって気がします」

 タソガレ作品の魅力を、三ノ月舎スタッフの山口志麻さんに聞いてみた。「シュールでシブい感じが好きなんです。実はすごく上手なのに、ちょっとズレてて『ナニコレ感』もある(笑)。うちは若い女性客が多いんですが、タソガレさんのスタンプは男性にもよく売れます。作家さんが男性とは明かしてないのに不思議ですよね」

 作風について本人は「お客さんにも『味がある』『哀愁漂ってる』って言ってもらったことあるんですけど…自分の売りは、あか抜けなさというか、たそがれ感ですかね。そんなに意識してはないんですけど、自然とそうなってまるッス」。ちなみに不思議な作家名は、好きな映画、小林聡美主演の「めがね」からもらったとか。

 三ノ月舎では今、新作を多数投入した「クレノタソガレ展」を開催中(12月31日まで)。合掌土偶や八幡馬、南部せんべいなどの南部シリーズに加え、リンゴやニンニク、こけしなど多彩で、来年の干支「酉」にちなんだトリはウミネコ、ペンギン、鳩笛、青森シャモロック、(タソガレさんちの)セキセイインコとこれまた個性的なセレクト。もちろん、岩木山3つも普段より多めに用意している。

 年賀状や手紙以外にオススメのスタンプ活用法をタソガレさんに聞いた。「もう自由に何でもいいんですが、エコバッグやTシャツ、てぬぐいとか。お店をやっている人はPOPや商品を入れる紙袋にも使ってくれているみたい。あとは、子ども服の消えないシミを隠しちゃうとかですかね」。なるほど。

 「これからも県内全域の青森スタンプを作っていきたい」というタソガレさん。気になったらぜひ一度、この何ともいえない世界観を体感するべし。きっと、はまってまるッス!(N)

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内