• トップ
  • » 国際
  • 2017年3月21日(火)

「盗聴」の主張撤回せず ホワイトハウス

 【ワシントン共同】スパイサー米大統領報道官は20日の記者会見で、米連邦捜査局(FBI)のコミー長官が、昨年の大統領選中にオバマ前大統領に盗聴されたとするトランプ大統領の主張を否定したことを受けて「何も変わらない」と述べ、主張を撤回する意向がないことを強調した。

(共同通信社)

 
ログインして記事全文を読む
 東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。
 東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)
 

アクセスランキング

※30分おきに集計 もっと見る

最新のニュース

モバイルサイトのご案内

ご案内